心理カウンセラーのブログ

不登校の子どもは学校に行けないつらさはわかって欲しい

投稿日:

こんにちは。
不登校カウンセリングセンターの黒瀧素子(くろたきもとこ)です。

わが子が不登校になったり、学校に行きしぶるようになったりしているときに、
親であるあなたは、

「学校は行くものです!」

「子どもは学校に行かないとダメ!」

と子どもを追いつめてしまっていませんか?

それまでの親子の関係性にもよりますが、

「なんで学校に行かないの?」

と責めるように親に言われても子どもは困ってしまうかもしれません。

学校に行けなくて苦しんでいるのは子ども自身なのです。

親に責められたと感じると、

学校に行けない自分はダメなんだ・・・

と、子どもが自分の人格を責めてしまうことにつながりかねません。

お子さんが、自分に自信をなくすることになるような言葉は避けたいものです。

それでは、どんなことに気をつけたらいいのでしょうか?

人(人格)と言動(言葉・行動)を分けて考えることが必要です。

お子さんに、

「あなたは学校に行かなくてもいいんだよ」

と学校に行かないことを認めるのではなく、

「あなたは学校に行けない辛い状態なんだね」

と、辛いという気持ちに寄りそうことは大切なことです。

お子さんがつらいときは、親に頼りたいと思っています。

まずは、お子さんの気持ちにぜひ寄り添ってあげてくださいね。

よろしければこちらの記事もご参照くださいね。

不登校 子どもとの関係を改善したい親必見!【人間関係の相関図】

-心理カウンセラーのブログ

Copyright© 不登校カウンセリングセンター , 2022 All Rights Reserved Powered by STINGER.