心理カウンセラーのブログ

子どもが学校に行きたくなるには・・・

投稿日:

 不登校カウンセリングセンター

 真鍋良得です。

 子どもが不登校になると、多くの親は子どもを学校に行かせようとします。

 子どもを学校に行かせようとすることが悪いわけではありませんが、なんとか行かせようとすると余計に行けなくなるということがあります。

 子どもが動けるようになるためには、子どもを動かそうとするのではなく、子どもが動ける状況を作ってあげることが大事です。

 親が学校に行きなさいと言わなくても、子どもは学校に行かなくちゃいけないことはわかっています。

 あなたは、やろうとしてもできないことに対して、何度もやりなさいと言われたらどんな気持ちになりますか。

 今はどうがんばってもできないことをやりなさいと言われたら、悲しかったり、悔しかったり、腹が立ったり、なんでわかってくれないんだという気持ちになり、余計に落ち込むのではないでしょうか。


 なんとか子供にがんばってほしい、子どもの将来のために学校に行かせてあげたい、そういった気持ちで子どもに働きかけをしようとするのは子どものことを思うが故の事ですが、学校に行くのは子供自身です。


 子どもが自ら学校に行こうという気にならなければ、子どもは動けませんし、親の言うことを聞いて無理して学校に行ったとしても再び学校に行けなくなることにもなりかねません。




 子どもを学校に行かせようと考えるよりも、子どもが学校に行きたくなるにはどうしたらいいかという視点で考えた方が、不登校の解決には効果的です。

-心理カウンセラーのブログ

Copyright© 不登校カウンセリングセンター , 2022 All Rights Reserved Powered by STINGER.