心理カウンセラーのブログ

今困っていることは、あなたを〇〇させるために起こっていること

更新日:

こんにちは!

不登校カウンセリングセンターの黒瀧素子(くろたきもとこ)です。

不登校や登校しぶりの子どもを育てている親のあなたは、

子どもが学校に行かなくなったことを、ネガティヴにとらえていませんか?

・うちの子が不登校になるなんて考えてもいなかった

・子どもが学校に行かなくなってしまって、この先どうしたらいいのか考えられない

・学校に行けないとなると、社会に出ていくのは難しくなるのではないだろうか

などなど、つい悩んでしまいませんか?

子どもが不登校になると、今まで学校に行っていたのが、実は当たり前ではなかったんだということに気づくきっかけになります。

子どもが不登校になったことで、ストレスに耐える力をつけてあげる ことの大切さに気付いて、不登校を解決していく方もいらっしゃいます。

親のあなたは昔子どもだった頃を思い出してみてください。

あなたは子どもの頃に、毎日学校に行っていたときに、

「今日はあまり学校に行きたくないなぁ」

と思ったことはありませんか?

今学校に行っている子どもだって、学校に行きながらも毎日楽しいことだけがあるわけではありません。

それでも毎日学校に行くことによって、嫌なことや楽しくないことでも経験していくことによって、ストレスに耐える力がついているのです。

子どもの不登校をきっかけに、親子の問題に気付いて改善することができた方もいらっしゃいます。

親子の問題を見ていくと、結局は親自身の問題であったりするわけです。

学校に行けなくなったということで、見えてくることがあります。

親であるあなたは本当に頑張っています。

子どもが不登校になったこと、その不登校を解決していくことで、親であるあなたの成長にもつながっていくのです。

すでに起こったことは変えられませんが、これからのことは、親であるあなたが子どもとどう関わっていくか、どのように働きかけていくかで変えていくことがどきるのです。

子どもが不登校で、 自分ではどうしたら良いのかわからないというときは、不登校専門のカウンセラーに相談するという方法もありますよ。

一人で悩んでも全然解決の糸口もつかめない。

このままでは悪くなる一方だ。

そんな時は、頼れる相談先をぜひ見つけて下さい。

-心理カウンセラーのブログ

Copyright© 不登校カウンセリングセンター , 2022 All Rights Reserved Powered by STINGER.