心理カウンセラーのブログ

もともと力があるから不登校になった!?

投稿日:

こんにちは。不登校カウンセリングセンターの水野幸子です。

11月の半ばも過ぎました。
寒暖差が激しい日が多いですね。
不登校のお子さんも、親御さんも、体調には十分気を付けていきましょう。

体調に気を付けていても、風邪をひくことありますよね。
生活リズムが乱れていても、なぜか風邪をひかないこともありすよね。

この違いって何だと思いますか。その時の、体力や心のモチベーションが関係しています。

風邪の治り方も、その時の体力や心のモチベーションで違ってきます。

あなたの人生の中で、色々な問題が起こってきたと思います。
この問題をあっという間に解決できるか、時間をかけて解決していくか。
これも、あなたの体力やモチベーションで変わってきます。


ここで、少しだけ振り返ってみましょう。

幼少期の頃の問題・・・例:お母さんがそばにいないと不安で泣いてた
小学生の頃の問題・・・例:忘れ物が多かった
中学生の頃の問題・・・例:部活の先輩が苦手だった
高校生の頃の問題・・・例:ずっと片思いで告白できなかった

あなたなりの問題がありましたよね。

今、こうやって振り返ってみると

・あんなに苦しかったのに、今になれば笑い話
・あのことがあったから、対処の仕方を学べて今につながっているな
・当時は辛かったけど、なぜそんなことであんなに悩んでいたんだろう

と、思うこともあるのではないでしょうか。

そして、今でもずっと続いている問題は少ないと思います。

解決できているし、その経験は何らかの形で今のあなたに生かされています。

今、あなたが抱えている問題は、今のあなたにしか解決できない問題です。
今のあなただから解決できる問題です。

解決できる力を持っているからこそ、問題と感じているのです。

上の例でいうと、小学生のあなたは、自分の忘れ物の問題の解決に精一杯で、中学生や高校生で経験する人間関係の問題には気づいていないのです。

中学生のあなたは、部活の先輩との人間関係で悩んでいるため、異性を気にする時間がありません。

高校生になり、中学で人間関係について学んだあなたは、友達、先輩後輩という関係ではなく、恋愛という関係で悩むことができるようになったのです。

さて、あなたが不登校カウンセリングセンターのブログを読まれているということは、今、まさに

・お子さんが不登校、いきしぶりになっている親御さん
・学校の先生をはじめとした支援をされてる方
・不登校になっているお子さんのご家族、お身内
・不登校になっているご本人

だと思います。

不登校は、本人も周りの人にとっても、大きな問題ですよね。

なぜうちの子が不登校になったんだろう。と、親御さんはまず思われたでしょう。

それは、不登校を克服する力を持っているからなのです。

このように考えると

・不登校は解決するんだ
・不登校は克服できるんだ

と、嬉しい気持ちになってきますよね。

ここで、解決できるのならいいやと、何もしないでいてはただただ時間が流れていくだけです。

不登校を解決する力を、克服する力を持っているのなら、その力をどうやって引き出していくかが大切なポイントです。

そのポイントは、この心理カウンセラーのブログにも紹介されています。
過去のブログも読んでくださいね。

そして、ブログだけでは難しいなと思ったあなた。
いつでも、不登校カウンセリングセンターの心理カウンセラーが寄り添うことを、覚えておいてください。

今日は、不登校を解決したお子さんのことを想像して過ごしてみましょう。

-心理カウンセラーのブログ

Copyright© 不登校カウンセリングセンター , 2022 All Rights Reserved Powered by STINGER.