心理カウンセラーのブログ

自分が好きと言える親子になろう

投稿日:

こんにちは。不登校カウンセリングセンターの水野幸子です。

昨夜は、皆既月食でしたね。

私は、お月様、丸いはずなのになんで三日月なんだろう?
昨日のお月様は満月に近いと思って記憶が間違っているのかな?
それとも、私の目がおかしくなっているのかな?と、呑気に考えながらお月様を見ていました。

そこに、友達から皆既月食きれいに見えるよ。と連絡がきました。

そうか、今日は皆既月食だったのね。私の記憶や目がおかしかったわけではないんだ。

私って、

バカよね。抜けてるよね。天然ボケもいいところ。

でも、私らしい。こんな抜けてる自分、好きだわ。と、思っていました。

そして、友達にちょっと聞いて、私のおバカぶりと話していました。

不登校のお子さんや親御さんは

あなたって、バカよね。
あなたって、ちょっと抜けてるよね。
あなたって、天然ボケがひどすぎる。

と、人から言われた時、どのような感情が出てきますか?

イヤだな、なんでそんなことを言うんだろう。
でも、そんなこを言われる自分がだめなんだ、と、自分自身を否定するのではないでしょうか。

そして、

バカではいけない。賢くなくては。
抜けていてはいけない。完璧でなくては。
天然ボケではいけない。しっかりしなくちゃ。

そうでないと、人から認めてもらえない。と考えて、自分を追い詰めていませんか。

これは、他人の評価を気にするあまり、あなた自身を否定して、あなた自身を苦しめる「観念」を植え付けているのです。

ほんの些細なミス、例えば、机の上にあるボールペンを落としただけでも、
完璧でなくては、しっかりしなくちゃ、こんなミスをしていてはいけない。なんてダメなんだろう。と、あなた自身を責めるようになるのです。

何か起こるたびに、あなたはあなたをこのように責めることで、あなたはあなた自身を否定し、どんどん自信を失っていくのです。

これでは、他人の目が気になって、自分の動きたいように動けないですよね。

不登校のお子さんに、このような傾向はありませんか。
親御さん自身にも、ご自分を責め続ける傾向はありませんか。

同じ「観念」を植え付けるのなら、あなた自身を認めて、自分で自分のこと好き、と言える「観念」のほうが楽しくて幸せですよね。

あなたって、バカよね。
あなたって、ちょっと抜けてるよね。
あなたって、天然ボケがひどすぎる。

と言われた時、

そうよね、今のはバカよね。そういうことは苦手なの。でも、こういうことは得意なのよ。
そうね、ちょっと抜けてるの。でも、おかげでなごんだでしょ。
あら、私って天然ボケなのね。おかげで、面白かったでしょ。

と、考えていけば、あなたはあなた自身を肯定していくことになりますね。
すると、あなたは自信がついていきます。
そして、あなた自身を好きになっています。

それに、あなたっておバカよねと言ってくる人は、その人の「観念」で不登校のお子さんや、親御さんのことを見ているのです。

不登校のお子さんや、親御さんが同じ行動をしていても、その人が持っている「観念」であなたへの感じ方が変わってきます。

Aさんは、あなたってバカよね、と言ってきても、

Bさんは、あたなって、面白いから一緒にいて楽しいわと言ってくる。という違いが出てくるのです。

ですから、他人が言ってくることで、不登校のお子さんや、親御さんのことを否定して、自信を失くしていくのはやめましょう。

不登校のお子さんや親御さんのとらえ方で、気持ちを軽くすることができます。

そして、自分のことが好き、と言えるようになりましょう。

自分のことが好き、と言えるようになっていけば、不登校の克服もできますよ。

「観念」の修正の仕方は、不登校カウンセリングセンターの心理士のブログにヒントがあります。

また、不登校カウンセリングセンターの心理士が、いつでもあなたに寄り添うことを、覚えておいてくださいね。

それでは、今日も空を見上げて1日をお過ごしください。

-心理カウンセラーのブログ

Copyright© 不登校カウンセリングセンター , 2022 All Rights Reserved Powered by STINGER.