心理カウンセラーのブログ

子どものためにできること

投稿日:

 こんにちは。

 不登校カウンセリングセンターの真鍋良得です。

 子どもの不登校を解決するためには、親自身が子どもの不登校と正面から向き合い、学び、自らできることをやっていく必要があります。

 学校に行くのは子ども自身なので、親にできることはあまりないように思われるかもしれません。

 また、子どもがカウンセリングを受けていれば、カウンセラーがなんとかしてくれると思われるかもしれません。

 しかし、子どもに影響力を与えられるのは、日頃から接する親などのいつも身近にいる人です。

 普段子どもと接するのは夫や妻などのパートナーだという方は、子どもの不登校の対応を配偶者任せにしていればいいと考えるかもしれません。

 しかし、直接子どもと顔を合わせる機会が少ないのだとしても、自ら積極的に学び、親としてパートナーとして、できることはたくさんあります。


 子どもを学校に連れて行ったり、学校に行くように積極的に働きかける必要はありません。

 子どもの不登校をきっかけに、家族がしあわせになるのはどうすればいいのか、自分がしあわせになるにはどうすれば良いのかということを考え、学び、子どもが安心して学校に行けくことができる家庭を築くことは親の役目です。


 子どもの不登校を解決したいなら、それを自分自身の問題と捉えて、今自分にできることをやっていくことが大切です。

-心理カウンセラーのブログ

Copyright© 不登校カウンセリングセンター , 2022 All Rights Reserved Powered by STINGER.