心理カウンセラーのブログ

不登校は貴重な経験と捉えてみよう

更新日:

こんにちは。不登校カウンセリングセンターの水野幸子です。

不登校のお子さんの親御さんは、「成功」と「失敗」と聞くと、どんなイメージが浮かびますか?

成功には、目的を成し遂げる。という良いイメージ、
失敗には、目的を成し遂げることができなかった。という悪いイメージ
を持っていますか。

それとも、

失敗は成功の母と言いうので、失敗にも良いイメージを持っていますか。

どちらも浮かんでいるのではないかと思います。

では、不登校のお子さんは、どのようにイメージをしていると思いますか。

不登校のお子さんは、

・自分に自信をなくしています。

・自分のことを否定しています。

・自分の居場所が無いと感じています。

・自分はいないほうがいいのではないか、と考えています。

不登校のお子さんは、どうしても考え方がネガティブになってしまうのです。

ですので、成功はいいこと。失敗は悪いこと。とイメージしやすいです。

本当に、失敗はいけないことなのでしょうか。

先にお伝えしましたが、不登校の親御さんは、失敗は成功の母という言葉も、浮かんできたと思います。

そうです、失敗をしないと、これはできない、このやり方はうまくいかない、ということを知ることができません。

失敗をするから、成功に一歩近づくのです。

失敗は、成功するための大切な経験です。

不登校のお子さんが、よちよち歩きをし出した頃、よく転びましたよね。

不登校のお子さんは、生まれてから沢山の失敗を重ねて、できなかったことができる(成功)ようになってきました。

不登校という現状は、お子さん本人はもちろんのこと、親御さんにとっても辛い経験です。

ですが、その辛さを経験していることは、お子さんにも親御さんにも貴重な経験になるのです。

想像してみましょう。

この辛さを乗り越えたお子さんが、将来どんな大人になるのかな。
この経験を、お子さんが結婚して子どもが生まれたときに、どのように伝えるのかな。
お子さんに孫ができたとき、孫にどんな話をするのかな。

今はまだ、貴重な経験と考えるだけの余裕はないかもしれません。

このように考えを転換すると、親御さんの心に余裕ができます。

心に余裕ができると、親御さんの雰囲気が柔らかくなります。

その雰囲気はお子さんに伝わります。

不登校のお子さんにも余裕がうまれるのですね。

お子さんの心に余裕ができてくると、元気も出てきます。

親御さんと不登校のお子さんの心に余裕ができるように、視点を変えてみましょう。

-心理カウンセラーのブログ

Copyright© 不登校カウンセリングセンター , 2022 All Rights Reserved Powered by STINGER.