心理カウンセラーのブログ

まずは子どもの味方になろう

更新日:

こんにちは。
不登校カウンセリングセンターの黒瀧素子(くろたきもとこ)です。

不登校の子どもに、また学校に行けるようになって欲しい。

親ならそのように思う方も多いのではないでしょうか。

子どもに学校に行ってほしいと願う気持ち、とてもわかります。

ただ、そのまま親の気持ちをストレートに伝えて、

「学校に行けないあなたはダメだよ」との意味で子どもに伝わってしまい、

子どもは、自分を否定されたと思って、

ますます自分を守ってしまい心を閉ざしてしまうことになりかねません。

子どもに親の気持ちを伝える前に、まずは子どもの味方になりましょう。

学校に行けなくて一番辛い思いをしているのは、子ども本人なのです。

子どもは本当は学校に行かなくてはいけないと思っている。

でも、行けないのです。

今の自分でいいのだろうか、と葛藤しているのです。

学校に行けないので、勉強も遅れてしまっていることに対する不安を抱えているのかもしれません。

久しぶりに学校に行くようになったときの、クラスメイトの反応が怖くて仕方ないと不安に思っているのかもしれません。

将来やりたい道に進めるのかどうか、そんな不安や焦りを抱えているのかもしれません。

まずは子どもの気持ちに寄り添いましょう。

まずは子どもの味方になって話を聴きましょう。

「あなたの中に学校に行きたくない気持ちがあるんだね。」

「今学校に行けなくても、大丈夫。」

と。

ぜひ、あなたのお子さんにぴったりフィットする言葉を全力で探して下さい。

親が本気で味方になってくれているんだ、と子どもが感じることができたら、

子どもはあなたに本当の気持ちを話してくれるようになる日も近いでしょう。

子どもが一番味方になって欲しいのは、親であるあなたなのです。

-心理カウンセラーのブログ

Copyright© 不登校カウンセリングセンター , 2022 All Rights Reserved Powered by STINGER.