心理カウンセラーのブログ

子どもが将来自立するために

投稿日:

 不登校カウンセリングセンター

 真鍋良得です。

 

 不登校のお子さんも持つ方の話を聞くと、多くの方が、子どもに社会性を身につけてほしい、自立してほしい、と言います。

 学校に行けば多くのことを学べるし、社会性を身につけることができるでしょう。

 将来自立するための知識や知恵を得ることができ、人とのかかわり方を学ぶこともできるでしょう。

 そのためには、子どもが安心して過ごせる場所が必要です。

 
 自立するすべを身につけても、自分に自信が持てないまま大人になると、大学を卒業して大企業に就職したとしても、人間関係に悩み、社会にうまく適応できなくなることすらあります。



 人間関係の基本は家族との関係です。

 子供の頃の親とのかかわり方が将来の人間関係にも影響します。

 親がいつも子供の味方でいてあげれば、子どもは世の中には味方がいるのだと思えます。

 親が子どもに共感してあげれば、子どもは相手に共感できる人になり、将来良好な人間関係を築くことができます。


 学校で多くのことを学び、人とのかかわり方を覚えることはできますが、その基本となるのは親子の関係です。



 親が子どもの気持ちを理解し、失敗しても成功しても、いつも子どものことを全力で応援してあげていれば、子どもは自信を持って社会に出ていくことができます。

-心理カウンセラーのブログ

Copyright© 不登校カウンセリングセンター , 2022 All Rights Reserved Powered by STINGER.