心理カウンセラーのブログ

怒りが爆発しそうになったとき

更新日:

こんにちは。不登校カウンセリングセンターの水野幸子です。

不登校のお子さんの親御さんは、知らず知らずのうちにストレスをためています。

不登校のお子さんの現状が、少しもで親御さんの思う方向に進めば、とても喜び、ストレスが消えたと思います。

では、もし、不登校のお子さんの現状が、親御さんの思うとおりに改善せず、悪くなるばかりの場合、どう思われるのでしょう。

不登校のお子さん親御さんは、

・子どものとの信頼関係を保たなければ。

・子どもが、話しやすいと思う親にならなければ、

・子どもが心地良くいられる環境をつくらなければ。

と、思っているのではないでしょうか。

これは、とても大切なことです。

不登校のお子さんのために、「やらなければ」と思っている親御さんほど、お子さんの些細な行動をみて、怒りが爆発しそうになったことがあると思います。

それはどうしてだと思いますか。

それは、親御さんがご自分の感情を押し殺しているからです。

・私はこんなにやっているのに。

・私はこんなに我慢しているのに。

と、お子さんに対して、私は、私は、私は、、、という気持ちがでてきてしまうからなのですね。

そして、感情を抑えることが出来ず、いきなり怒り出したとしたら、お子さんはどう思うでしょうか。

爆発したときの怒りは、冷静に考えて話しをしているわけではありません。

今まで、親御さんが頑張って築いてきた不登校のお子さんとの関係が、崩れ去ってしまいます。

信頼関係も、話しやすい親も、心地良い居場所も、すべて1からやり直しになります。

1からのやり直しは嫌ですよね。

爆発しそうな怒りが起きた時に、とりあえず行う対処法をいくつかご紹介します。

・その場で深呼吸。

・6秒数える。

・99~1まで数える。

・その場所から離れる。

・ノートに書き出す。

爆発しそうになっているときに、これを行う冷静さを保つことが出来るかが大きなポイントです。それは、とても難しいことだと思います。

それでも、一旦、自分の気持ちを落ちつかせることをしましょう。

怒りを爆発しないようにするためには、普段から怒りをためないことです。

そうするには、不登校の親御さんの観念(価値観)を修正していくことが大切です。

例えば、親御さんが、早くお風呂に入って欲しいと思っているときに、不登校のお子さんがダラダラとテレビを観ていると、怒りが湧上がってきたりしますよね。

怒りというように「感情」が動いたところに「観念」があります。

親御さんには、

・子どもは親の言うことは聞くものだ
・学校に行っていないのに、テレビなんか観るなんて

という観念(価値観)があるのかもしれません。
その観念に反している行動をしている不登校のお子さんに対して、怒りが湧いてくるのです。

この場合は、子どもは親の言うことを聞くもんだ。という観念を修正することができれば、怒りの感情は、生まれないということになるのです。

この観念の見つけかたや、修正のしかたも、不登校カウンセリングセンターではお伝えしていきます。

ご興味のある方は、不登校カウンセリングセンターまでご連絡くださいね。

1日5分でいいのです。

親御さんがご自分だけの時間を取ってください。
普段からのリフレッシュも、とても大切ですよ。

1日5分も取れないというあなたは、空を見上げて伸びをしてみましょう。

不登校カウンセリングセンターの水野幸子でした。

-心理カウンセラーのブログ

Copyright© 不登校カウンセリングセンター , 2022 All Rights Reserved Powered by STINGER.