心理カウンセラーのブログ

夏休み明けから学校に行ってほしいけど・・・

更新日:

 こんにちは、

 不登校カウンセリングセンターの真鍋良得(まなべりょうえ)です。

 夏休み明けは子どもの不登校、自殺が増える時期です。

 不登校の子どもが夏休みの間に元気になり、2学期から頑張ろうと思ったけど、いざ2学期が始まると学校に行けない、ということもよくあります。

 親としては「なぜ学校に行けないんだろう」「なんとか学校に行けるようになって欲しい」と思う所ではないでしょうか。

 子どもが学校に行けない、元気がない、様子が変だと思った時、励ましたり学校に行けるようになる方法を考える前に、まずは子どもの話を聞き、子どもの気持に目を向けることが必要です。

 「なぜ学校に行こうとしないのか」「どんな風に感じていて、行けないと思うのか」「どうして元気がないのか」そんな子どもの状況や気持ちに共感しながら聴いてあげることが子どもの気持を楽にします。

 話しを聞く時は、「学校に行ってほしい」「考えを改めてほしい」「行ってくれないと困る」といった親の気持ちは一旦完全に横に置いといて、純粋に子どもの気持を知ろう、理解しようとすることが大切です。

-心理カウンセラーのブログ

Copyright© 不登校カウンセリングセンター , 2023 All Rights Reserved Powered by STINGER.