心理カウンセラーのブログ

不登校 死にたい 生きている意味がわからない

更新日:

不登校カウンセリングセンターの青芝夏樹です。

「死にたい」「生きている意味がわからない」


こんな言葉を口にするお子さんは、多くいます。


こんなことを言われたら、親としてかなりショックだと思います。


こんな時、なんと返事していますか?




必死になって、「しんどいときは、みんなそんな風に言うもんだ」



「苦しくても、みんな頑張っているんだ」

こんな言葉を言っても、子供には響きません。


親に「死にたい」とか、「生きている意味がわからない」というのは、苦しさをわかってほしいのです。



本当に死んでしまう子は、ある日突然命を絶ってしまいます。親に相談することもせず。



親に言うということは、わかってほしいのです。



だから、こちらの考えを押し付けるのではなく、子供の心に寄り添ってあげてください。気持ちをわかってあげてください。



そうしないと、親に相談しても無駄だと考え、最悪の事態になりかねません。



子さんの立場に立って、苦しさをわかってあげましょう。

-心理カウンセラーのブログ

Copyright© 不登校カウンセリングセンター , 2022 All Rights Reserved Powered by STINGER.