心理カウンセラーのブログ

親子にとって大切なもの

投稿日:

 不登校カウンセリングセンター

 真鍋良得です。

 学校に行くことよりも大切なこと。

 それは自分を大切にすること。

 自分の命を大切にすること。

 学校に行くよりも大切なこと。

 それは他者を大切にすること。

 他者の命を大切にすること。

 

 子どもが学校に行かないと親は不安になります。

 この子は将来自立できるのだろうか。

 この子は社会でちゃんとやっていけるのだろうか。

 学校に行かないと勉強についていけなくなるんじゃないか。

 

 親にとっても初めての経験なので不安になります。

 そして親が不安になるとき、子どもはさらに大きな不安を抱えています。


 そんな不安な気持ちに向き合いながら、生きる意味、生きることの大切さについて考えてみましょう。

 不登校の子どもは、学校に行かないこと、社会から距離を置くことで自分を傷つけないように、他者を傷つけないように、自分や他者を守っているのです。

 これまで頑張って学校に通っていた子どもを「よくがんばったね」といたわり、ゆっくりと休ませてあげましょう。

 しっかりと子どもの気持に寄り添い、心の平穏を取り戻し自信を取り戻す時間を与えてあげましょう。



 親子ともに生きていられることに感謝し、この世に生きていられる今この時を大切にしましょう。

-心理カウンセラーのブログ

Copyright© 不登校カウンセリングセンター , 2022 All Rights Reserved Powered by STINGER.