心理カウンセラーのブログ

経験の一つ

更新日:

こんにちは。不登校カウンセリングセンターの水野幸子です。

前回はどっしり構える。というお話しをさせていただきました。

今回も、不登校の親御さんにどっしり構えていて下さい、というお話しです。

不登校のお子さんは、

・自分に自信をなくしています。

・自分のことを否定しています。

・自分の居場所が無いと感じています。

・自分はいないほうがいいのではないか、と考えています。

不登校の子の親御さんも、お子さんが自信を無くしていることは、感じていらっしゃいますよね。

それで、ついつい、やってあげていることが多くなっていませんか。

本当なら、お子さんが自分でやれること、自分で決める力があるのに、助けていることはありませんか。

ここで、失敗をしたら、もっと自信を無くしてしまうのではないか。
自信を無くしているお子さんが、これ以上自信をなくさないように、という親心ですよね。

失敗を経験することは、そんなにいけないことなのでしょうか。

失敗は成功の母という言葉があります。

失敗をしないと、これはできない、このやり方はうまくいかない、ということを知ることができません。

失敗をするから、成功に一歩近づくのです。

失敗は、成功するための大切な経験です。

ですので、親御さんには、不登校のお子さんにそのことを教えてあげて欲しいのです。

それには、失敗することが大切なのですが、不登校のお子さんは、積極的に挑戦することはしません。

成功体験もできなければ、失敗体験もできません。

挑戦してみて成功できると分かっているのなら、体験に挑戦してみると思うのですが、
失敗するのが嫌だな、という気持ちが強くなってしまうのですね。

でも、親御さんが、どんと構えて、

・いくらでも失敗しておいで

・ここに居場所があるよ

・ここでエネルギーを補給できるよ

と、待っていてくれると分かっているなら、不登校のお子さんの気持ちはどうなるでしょうか。

戻ってきてよい場所があるという安心感で、行動してみよう、挑戦してみよう、という気持ちが出てきますよね。

不登校のお子さんは、経験が少ないことで、選択肢も少なくなっています。

親御さんには、いくつかのアドバイスやヒントを出して欲しいと思います。

その、アドバイスやヒントと今までの経験から、不登校のお子さんは、自分がどうしたらよいか考えていくことができます。

経験を積むことは、不登校解決後に、これからお子さんが生きていく上でも役立ちます。

家の中のことで、お子さんがやったことのないことから、少しづつ、色々な経験を積んいけるといいですね。

-心理カウンセラーのブログ

Copyright© 不登校カウンセリングセンター , 2022 All Rights Reserved Powered by STINGER.