心理カウンセラーのブログ

不登校に関しての悩みをどれだけ把握していますか?

投稿日:


こんにちは、不登校カウンセリングセンターの神谷今日子です。


このブログを読まれている方は、お子さんの不登校でお悩みの方が多いと思います。


お子さんが不登校になって、悩んでいる親御さんも多いですよね。

・子どもが不登校になってしまった…

・体調不良を訴えるけど、病院に行っても異常がないなんて…

・子どもに学校に行って欲しい

・子どもの不登校を解決するためにはどうしたらいいんだろう


学校に行くということは当たり前だと思っていたからこそ、不登校という事実にびっくりしますし、どうしたらよいか、悩みますよね。



お子さん自身にも、これは当てはまります。

・急に学校に行けなくなっちゃった

・学校に行こうとすると、お腹が痛くなる…

・親に怒られるかも?

・頑張って行かなきゃいけないのに…

・でも、学校に行くのが苦しい…


突然、自分が学校に行けなくなったことで、どうなってしまうんだろうという不安や葛藤が起こる、不登校児は多いです。


そして、子どもが不登校になった時に初めて、どうしよう!何とかしよう!と動き出す親御さんも多いのではないでしょうか?

今日は、そんな時に大事な考え方を紹介したいと思います。


悩みをどれだけ具体的に理解しているのか


あなたは、不登校に関しての悩みをどれだけ把握していますか?


実は、多くの方は、悩んでいる・苦しんでいるという現実はあるものの、それについてしっかりと説明できる方は少ないのです。

子どもが不登校である・それを解決したいという想いはあると思います。

ただ、

・子どもの現状がどうなのか?(不登校には段階があり、その子によって異なります)

・その現状をどのように変えていきたいのか?

・それを変えていくためには、具体的にどんな手段を用いたら良いのか?

・子どもができること、親ができること、他の人から受けられる支援は何なのか?

まで、把握していない方が多いです。


把握しないままに、とりあえず、色々な人に相談したり、色々なことを試し始める方も多くいらっしゃいます。



ママ友などに相談していく中で、

「学校に行きたくない時くらいあるわよ~」と言われてしまったり、
「私はこれで解決できたから、これやるといいわよ!」と色々な解決法を教えてもらい、また悩んでしまったり…


ですから、まずは、現状把握。

そして、それをどう変えていきたいのか?(目標設定)

そのための手段は何なのか?を知って実践。


ということを、一つ一つやっていく必要があるのですね。


こうすることで、悩みを具体的に把握することができ、解決への糸口も見つかるのです。

逆に、悩みが何なのかわからないまま解決しようとするのは、目的地への地図が無いまま、迷路をさまようのと同じです。



あなたは、どうですか?
子どもの不登校の悩みについて、しっかりとご自身で把握していますか?



今日は、このことを意識して、ぜひ、不登校の悩みを紙に、書いてみてください。


そして、不登校カウンセリングセンターでは、現状を把握するための心理検査や、不登校解決のための手段として様々な心理療法を提供しています。

もし、悩みの解決のために必要だと思ったら、いつでもお問い合わせくださいね。


ということで、今日は心理カウンセラーの神谷今日子がお送りしました。

-心理カウンセラーのブログ

Copyright© 不登校カウンセリングセンター , 2022 All Rights Reserved Powered by STINGER.