心理カウンセラーのブログ

感情のゾウと仲良くする

投稿日:

こんにちは。不登校カウンセリングセンターの阿部由香里です。

人間の心理で、やった方がよいとわかっていても、なかなか動けないことって、ありますよね。

例えば、夏休みの宿題。早く終わらせた方がいいとわかっていても、なかなか手を付けません。

見ている方はイライラして、相手の行動を促したいがために、つい強い口調で言ってしまったり、強制的な言葉を使ってしまうことがありますよね。

しかし、それでは逆効果です。相手は反発して、素直に聞いてくれません。行動心理学でもそれははっきりと証明されています。

不登校のお子さんを持つ親御さんも、お子さんとの接し方には難しさを感じていませんか。

感情はまるで、巨大なゾウと同じようなもの

心理学の研究者が、人の感情をゾウに例えることがあります。

感情というのは、巨大で、力も強く、暴れだすと手に負えない。でも、優しい面もある。

そんなゾウのような感情は、理性よりも圧倒的に強く、怒らせると理性を一瞬で吹っ飛ばしてしまうことがあります。それでは、どうしたらいいのでしょうか。

あなたは、ナッジ理論という言葉を聞いたことがありますか?

ナッジ(nadge)とは、「軽く相手の肘をつつく」という意味です。

「相手の肘を、優しく後押しすること」で、感情というゾウが自分から動いてくれるのです。

後押しすることのポイントは3つあります。

1.相手が疲れているタイミングは選ばない。

2.相手が選ぶ選択肢を、奪わない。

3.最初と最後の言葉をポジティブにする。

この3つに気を付けて、笑顔で後押しをします。

この接し方は、人の心理をうまく使った理論で、言いたいことが相手に伝わりやすくなります。

お子さんが眠くて機嫌の悪いときは避けて

言いたいことがあっても、いきなり本題に入らず、まずは相手がなごむ話題で話しかける。

そして、こうしてみるといいんじゃないかな。と強制することなく、提案する。

最後に、心配でたまらない私たちのためにも、考えてみてくれないかな。と柔らかく締めくくります。

相手のゾウに思いやりの気持ちが伝わると、小さな後押しで動いてくれるのかもしれません。

これからも、あなたの親子関係を応援しています。

-心理カウンセラーのブログ

Copyright© 不登校カウンセリングセンター , 2022 All Rights Reserved Powered by STINGER.