心理カウンセラーのブログ

不登校 敷かれたレールから外れそうだ

更新日:

不登校カウンセリングセンターの青芝夏樹です。

「子供が不登校になって、敷かれたレールから外れそうだ。どうしよう。」と考えていませんか?

将来、良い学校を卒業して、良い大学に入学して、一流企業か公務員になって、結婚して、孫が生まれて、家を買って、幸せな未来が…

この子は将来どうなるんだ

どうなるんだ。この子の将来は。引きこもりになるのか?

ずっと面倒を見なければならないのか?

このままじゃ幸せになれない。私の育て方が悪かったのか?

何がいけなかったの?

将来は、私と一緒の看護師になって世のため、人のために役だつ人間になるはずだったのに…

すごく不安ですよね。

でも、すべて想像の世界です。あなたはすぐに妄想の世界に入って悪いことを考えます。

敷かれたレールの上を進むのが幸せなの?

そもそも、敷かれたレールの上を進む人生がいいのでしょうか?

敷かれたレールの上を走るだけが幸せなのでしょうか?

そのレールは誰が敷いたものですか?

親ですか?本人ですか?

本来、人生は自由です。レールなどないのです。どこに行ってもいいのです。

いろんな道がある

勝手にレールを敷いてそれに従う生き方って楽しいのでしょうか?

好きなように生きたらいいと思いませんか?

人生、振り返ったら進んできた道があるのです。どこに行っても正解なら、レールから外れたらどうしようなんて考えませんよね。

どうか、道はいっぱいあることに気づいてください。

-心理カウンセラーのブログ

Copyright© 不登校カウンセリングセンター , 2022 All Rights Reserved Powered by STINGER.