心理カウンセラーのブログ

メリハリをつけよう

投稿日:

こんにちは。不登校カウンセリングセンターの水野幸子です。

不登校のお子さんのことを、親御さんはどんな気持ちで見ていますか。

心配だし、不安だし、でも、応援したいし、ずっと味方でいるし、しっかり守っていく。

という気持ちなのではないでしょうか。

そうは思っても、お子さんを見ていると、いつになったら学校に行けるようになるのだろう。
と思うことがありますよね。

不登校のお子さんに限らず、人は楽なほう楽なほうに流されていく生き物です。

そして、楽な方に流されれば流されるほど、動くことができなくなっていきます。

学校に行って、決められた時間座りっぱなしで授業を受けるより、家でのんびりしているほうがいい。

学校に行って、友達に会えるのはいいけど、苦手な子がいる。
だったら、家にいて、仲の良い友達とネットでつながってゲームするほうがいい。

朝、眠いのに起きて学校に行くのなら、眠りたいだけ眠ることのできる家にいたい。

そういう気持ちは、親御さんも分かりますよね。

これが、不登校が長引く原因でもあるのです。

その状態をそのままにしておくと、ストレスに耐える力が弱っていきます。

ますます、学校に行くことができなくなって行きます。

学校に行くための準備として、家での過ごし方にメリハリをつけて行きましょう。

メリハリをつけるなら、生活リズムを整えていくことが大切になります。

・眠りたいだけ眠る⇒決まった時間に起きる

・眠くなるまでゲームをする⇒決まった時間に眠る

・食べたいときに食べる⇒決まった時間に食事をする

・お菓子や菓子パン、インスタントラーメンなど、好きな物だけ食べる⇒バランスを考えて食事にする

・好きな時間にお風呂に入る⇒できるだけ同じ時間にお風呂にはいる 

・顔を洗わない、歯を磨かない⇒家にいえても身だしなみは整える

・ずっと家にいる⇒散歩に行く

・ゴロゴロしていて動かない⇒運動をする

このように、不登校のお子さんが好きな時に好きな事をしていたのなら、好きな事はやってもいいけど、時間を決める、といった、工夫をしていきましょう。

一気にやるのではなく、スモールステップでいいのです。

お子さんがこれならできるだろうな、というところから初めていきましょう。

例えば、ゲーム大好き、運動は苦手。というお子さんなら、スポーツのできるゲームをやっていく。

運動が苦手なお子さんは、みんなよるうまくできなくて、バカにされた経験から、苦手と思い込んでいる場合があります。

家族と一緒に、だれからもマイナスの評価をされることなく、身体を動かす楽しさを知ることができます。

身体を動かす楽しさを知ることができれば、外で遊びたいなという気持ちも出てきます。

身体をうごかすことで疲れがでるので、早く眠くなり、ぐっすり眠ることができます。

メリハリを付けることで、不登校のお子さんは、好きなようにやってこれたことに制限がかかります。

そこで、少しだけ我慢することになるでしょう。それが、ストレスに耐える力を付けていくことになります。

好きなように生活していた不登校のお子さんに、明日から学校に行って、6時間しっかり授業を受けてこい、というのは、実はとっても酷なことなのです。

お子さんが学校で1日過ごせるだけの力を、家でのメリハリ生活で取り戻していきましょう。

ここで注意してほしいことがあります。

一気に行うことはやめましょう。お子さんならこれはできる。というところからやっていきましょうね。

不登校の親御さんは、親御さんの心にメリハリを付けていますか?
ずっと緊張した状態になっていませんか?

1日5分でいいのです。スイッチをOFFにできる自分だけの時間を作ってくださいね。

-心理カウンセラーのブログ

Copyright© 不登校カウンセリングセンター , 2022 All Rights Reserved Powered by STINGER.