心理カウンセラーのブログ

学生生活が終われば不登校の問題は解決するの!?

投稿日:



こんにちは、不登校カウンセリングセンターの神谷今日子です。


今日、私は、免許の更新に行ってきました。

免許の更新の時には、必ず講習がありますよね。

講習の部屋に入った時に思ったのですが、机があって椅子があり、前には教えてくれる先生がいて、学校の教室と似ていました。


実は、こういった、教室に似た場所に行くと、不登校で辛かった思い出がよみがえる子もいます。

私自身も、元不登校児ですので、以前は、講習や仕事の研修などで、教室に似た場所に入ると、心臓がドキドキしたり、逃げ出したくなったりすることが多くありました。

今の私は、不登校の原因となった心の問題を解決しているので、恐怖心などもなく、普通に講習は受けられています。



現在、子どもが不登校でも、学生生活が終われば、問題はなくなると思っている親御さんは多いです。

ですから、特に、高校生の不登校や大学生の不登校の場合、もうすぐ卒業だし、働き始めたり環境が変われば大丈夫でしょうと思って、あまり対応をしない親御さんも多いのですね。


ただ、ここで気をつけておきたいのは、学生生活が終わっても、不登校児が抱えている問題は続くことが多いということです。

人が怖いといった原因で不登校になっていた子の場合、社会に出ても、人が怖くて引きこもりなどになってしまうこともあります。

自分が変に見られるんじゃないか?ということで悩んで不登校になっていた子の場合、社会に出ても、同僚や上司から変に見られるんじゃないか?ということで悩み、うつ病などの精神疾患にかかってしまうこともあります。


このように、不登校の時に抱えていた問題が解決しないままだと、社会人になってもその影響は残っていくのですね。

ですから、心の問題も根本解決していくことが大切になるのです。



現在、子どもが不登校で、社会人になれば大丈夫!と思っている親御さんも、注意して、子どもを見ていくことをおすすめします。

特に、いじめなど、学校で辛い目に遭っていた経験は、年月が経っても尾を引きます。


もし、不登校の子どものことで不安な点などがありましたら、一度、ご相談くださいね。
早めの対応が、早期解決につながります。


では、今日は、心理カウンセラーの神谷今日子がお送りしました。

-心理カウンセラーのブログ

Copyright© 不登校カウンセリングセンター , 2022 All Rights Reserved Powered by STINGER.