心理カウンセラーのブログ

ネガティブな不登校の子どもを変えるために親ができること

投稿日:

こんにちは、不登校カウンセリングセンターの神谷今日子です。


不登校になる子どもは、ネガティブであることが多いですよね。


例えば、

私は、みんなから嫌われているに違いない。

私の未来は真っ暗だ。

失敗したら、どうしようもなくなってしまう。

こういった考えを持っている不登校児も多いのです。

実際は、すべての人から嫌われている人はいませんし、未来はいくらでも変えていけるし、失敗してもどうにかなります。

ただ、不登校の子どもの場合、それが見えていないことも多いのですね。

つまり、視野が狭くなっているのです。


では、そんな視野が狭くなっていて、ネガティブな不登校の子どもに対して、親ができることはなんでしょうか?

それは、親御さん自身が、視野を広く持つことです。



実は、視野が狭くなっている不登校の子どもの親御さんも、視野が狭いことが多いのですね。

「良い学校に入れなければ、子どもは幸せになれない」

「うちの子は、他の家の子どもと比べて、しつけができていないんじゃないか?」

「旦那や親に嫌われないために、私が良い親でいなければいけない」


こんな風に、勉強やスポーツなど、限られた側面からのみ子どもを見てしまい、視野が狭くなっているのですね。


そんな親を見て、子どもは学習します。

親と同じように、限られた視野で自分を見てしまい、子どもはネガティブになっていくのです。

ただ、人を見る視点って本当は様々です。

優しさという側面から見ることだってできるし、ゲームができるのも立派な特技ですよね。


それに、人からの評価を得るために、あなたやあなたの子どもは生きているのでしょうか?

そんなことはないですよね。


ですから、あなたはあなた自身で、自分を評価し、子どもに対しても、条件をつけずに愛していくことが大切なのです。


あなたは、不登校の子どもを広い視野で見て、無条件に愛していますか?


ここを解決していくと、不登校の解決にもつながっていきますよ。


ということで、今日は、ネガティブな不登校の子どもを変えるために、親御さんができることについて紹介しました。
少しでもご参考になれば幸いです。

-心理カウンセラーのブログ

Copyright© 不登校カウンセリングセンター , 2021 All Rights Reserved Powered by STINGER.