心理カウンセラーのブログ

不登校の子どもを縛るもの「メンタルブロック」

投稿日:


こんにちは、不登校カウンセリングセンターの神谷今日子です。

突然ですが、不登校の子どもを持つ親御さんであるあなたは、「メンタルブロック」という言葉を聞いたことがありますか?

メンタルブロックとは、否定的な思い込みのことです。
何か行動する時などに、ブロック(阻止)となるものです。

不登校の子どもは、わかりやすく言うと、学校に行くことに対してメンタルブロックがあるわけです。
ですから、学校に行くことを阻止するのですね。(つまり、学校に行けない)

今日は、不登校の子どもを縛る「メンタルブロック」についてお話できたらと思います。

不登校の原因となった環境を変えても、不登校が解決しないのはなぜ?


不登校になった子どもの中には、これが原因で不登校になったと言ってくれる子もいます。

あのクラスメートがひどいことを言ってくるから不登校になったんだ!

あの先生が怖いから不登校になったんだ!

勉強の進みが早くて大変だったから不登校になったんだ!


確かに、ひどいことを言うクラスメートや、怖い先生がいたら、勉強があまりにも大変だったら、学校に行きたくなくなりますよね。

そういうことか!ということで、不登校の子どもを転校させてみる親御さんもいらっしゃいます。

それで不登校が解決するケースも、もちろんあります。


しかし、残念ながら、転校して、ひどいクラスメートや怖い先生と離れたとしても、勉強があまり大変でない学校に行ったとしても、また不登校になるケースも多くあります。


この場合、環境だけではなく、不登校の子どもの中にあるメンタルブロックが、不登校を引き起こしているのです。

メンタルブロックは、否定的な思い込みのこと。

例えば、「誰からも嫌われてはいけない」という否定的な思い込みがあった場合、相手の顔色や他の人の視線を気にしすぎるようになります。
そうすると、人が多くいる学校に行くと、心が疲弊します。
心が疲れると、身体も疲れやすくなります。
こうして、不登校になるのですね。

他にも、「僕はダメな人間だ」という否定的な思い込みがあった場合、何かに取り組む時、ひどく不安になったり、うまく行かないことが1つでもあった時に、ひどく自己否定したりするようになります。
そういった心の状態が続いたら、心身が疲弊して、不登校になりますね。

こんな風に、不登校の子どもにメンタルブロックがあった場合、心も体も疲れやすくなり、環境を変えても不登校が解決しないケースが多くあるのです。


このメンタルブロックは、過去の経験から身につけます。
そして、メンタルブロックは、気付いて外していかない限り、ますます不登校の子どもの中で強化されていきます。
何か出来事に出くわす度に、
「やっぱりこうなるんだ…」
「どうせ僕は(私は)こうなんだ…」
といったようにですね。

ですから、気付き、外していくことがとても重要になります。

不登校の子どもを持つ親御さんはどうでしょうか?

不登校の子どもの置かれている環境にだけ目を向け、そちらだけ変えようとしてはいませんか?


不登校を解決するためには、環境だけでなく、内面を変えていくことも非常に重要です。

もし、不登校の子どもにメンタルブロックがありそう…と思った親御さんは、一度ご相談ください。

メンタルブロックの外し方もきっちりお伝えさせていただきます。

-心理カウンセラーのブログ

Copyright© 不登校カウンセリングセンター , 2022 All Rights Reserved Powered by STINGER.