TOP > 不登校カウンセリングセンターのご紹介

不登校カウンセリングセンターのご紹介

本部事務局からのあいさつ

この度は不登校カウンセリングセンターのホームページをご覧いただき、誠にありがとうございます。

当支援センターのホームページをご覧になられている方の多くは、心療内科や教育委員会、学校などから当支援センターのことをお聞きになり、当ホームページにアクセスされていると思います。

不登校カウンセリングセンターは、不登校の専門家として、フジテレビの朝の番組『とくダネ!』に出演されていた、伊澤先生を含む7人の不登校の専門家が立ち上げた民間団体です。

伊澤先生はフジテレビの朝の番組『とくダネ!』に出演されていた時は、一般社団法人不登校支援センターの理事長として活動していましたが、当時不登校を解決するためには、平均して半年ほどの時間が必要で、料金も平均70万円近くかかっていました。

そこで『1、2ヶ月ほどで不登校を解決できないか』を考え、その方法を研究するため、一般社団法人不登校支援センターを後任の理事長に譲り、様々な分野の専門家たちと3年に渡り研究を続け、最短で不登校を克服できる方法を体系化しました。現在、この方法は様々な教育機関(大学や高校、中学校等)で学ばれています。

不登校カウンセリングセンターでは、多くの教育機関で学ばれている、その最短で不登校を克服する方法を、下記の方法で提供しています。

1つ目は、不登校克服プログラムの内容をご家庭で実践していただく。
2つ目は、当支援センターが各支部で行っている対面カウンセリング・コーチングを受けていただく。


この2つです。
このどちらかでも不登校は解決できますが、両方同時に行うとより効果があります。
この2つの方法を提供する団体として、不登校カウンセリングセンターが設立されたわけなのです。

また不登校カウンセリングセンターが設立された当初の法人格は一般社団法人でしたが、現在は個人事業主が集まる任意団体に変更しました。
その理由は、どの業界でも同じかと思いますが、能力が高い者は社員ではなく、個人事業主として独立をしています。

例えば、テレビでニュースを伝えるアナウンサーの仕事でも、まだ経験が浅いうちはテレビ局の社員としてアナウンサーをしていますが、完璧に能力が身に付き、本当のプロとして活躍できるようになると、フリーのアナウンサーになる方が多くいます。それと同じなのです。

特に私たち心理士業界はその傾向が強く、優秀な心理士は病院や学校に所属していても社員ではなく、個人事業主としてフリーで働いている方が多いのが心理士業界なのです。

そこで私たち不登校カウンセリングセンターでは、より優秀で能力の高い心理士を全国から集めるために、優秀で能力の高い心理士の多くが希望する個人事業主として当支援センターに所属できるよう、それまでの法人格である一般社団法人を改め、任意団体に変更させていただいたわけです。

この制度変更のお陰で、当支援センターには全国で選りすぐりの心理士が所属しています。これにより他の団体よりも早く、そして費用も安く不登校を解決できるようになったのです。
また優秀な心理士の中には、社員として働きたいという方もいますので、その方のために社員制度も導入し、プロ意識が高い団体として活動しています。


不登校カウンセリングセンターの最大の特色は、
不登校を専門知識がないご両親でも解決できるように、不登校克服プログラムを制作し、多くの不登校を克服している。
②様々な医療機関や学校、福祉施設、研究所と提携をしているので、今までの精神論ではなく、医学的・科学的に実証された最新のカウンセリング・コーチングが受けられる。
③様々な専門家と試行錯誤の末、今までは100分間で行っていたカウンセリング・コーチングが50分間で同じ効果が出せるようになり、なおかつ不登校の解決率も約3%向上
④発達障がいから表れる不登校に対応できる。
⑤不登校克服プログラムで解決できなかった方のために、医学的・科学的に実証された、対面カウンセリング・コーチングを東京支部・愛知支部・福岡支部で受けられる。
※当支援センターは現在、東京支部・愛知支部・福岡支部の5拠点あり、2017年度には、埼玉支部・千葉支部・兵庫支部・宮城支部を開設予定です。

ほとんどのタイプの不登校を解決でき、不登校克服プログラム及び各支部で行う対面カウンセリング・コーチングの内容に自信があるため、料金の返金保証をつけている。


以上のような特色が当支援センターにはあ
ります。
では次に不登校カウンセリングセンターの提携先の一部をご紹介いたします。

【医療機関】
・医療法人社団絹和会 睡眠総合ケアクリニック代々木
・大河内メンタルクリニック
・医療法人一雄会 リンクスメンタルクリニック
・岸澤内科診療科医院
・八ヶ岳りんごクリニック
・青山色彩治療院

【法律関係】
・名古屋ブレイブハート法律事務所
・トゥモロー法律事務所

【学校・教育関係】
・日本文理学院高等部
・明蓬館高等学校
・菊川南陵高等学校
・ECC学園高等学校
・NSA高等学校
・大阪府教育委員会認定 大阪自由学院
・沼津高等学園
・WILL学園
・松陰高等学校
・S&S Entertainment School
・珊瑚舎スコーレ
・フリースクール ヒューマン・ハーバー
・フリースクール P&T
・キープことばの教室

【福祉関係】
・社会福祉法人 足利むつみ会
・青少年自立援助センター 蔵王いこいの里
・青少年自立支援センター ビバの会
・一般社団法人 チャイルドライフ
・特定非営利活動法人 ミヤギユースセンター
・特定非営利活動法人 くじらぐも
・こども支援センター スマイル
・児童保育ディサービス ココステージ

【研究所】
・視覚行動研究所
・視覚機能トレーニング Joy Vision 茨木
・視覚機能トレーニング Joy Vision 横浜

【その他】
・東京都認可 翼学院
・こばと教材出版
・日教研ゼミナール
・翼学院
・家庭教師のジャンプ
・IT塾のホームスクール
・CKCネットワーク株式会社
・アドプラス
・FLY!BIRD
・熊本県発達障害当事者会
・岡山県LD等発達障害親の会

このように数多くの団体と提携をしています。
理由は様々な団体と提携することにより、より包括的な不登校克服が行えるからです。また様々な団体と提携をすることにより、相談件数16万人以上、臨床データ10万件以上と全国でもトップクラスの実績があり、現在では多くのマスコミからも取材を受けています。

不登校は待つのではなく、積極的に解決しましょう。個々の事例にもよりますが、最新の不登校克服法では、不登校はおよそ1ヶ月半から3ヶ月位で解決できるものなのです。
ですから1日でも早く行動してください。


まずは不登校克服プログラムだけで不登校を解決できる可能性がありますので、『不登校克服!無料メール講座』を受講してみてください。この無料メール講座で不登校を克服するためのアドバイスと、不登校克服プログラムの説明をさせていただきます。

お子さんが笑顔で学校に通えるよう、一緒に頑張りましょう。

不登校カウンセリングセンターについて

目的及び事業
1.目的
幼児・小学校・中学校・高校・大学で起こる不登校関連の調査研究を行い、不登校克服の実践を促進し、もって学校教育の充実発展に寄与し、あわせて学生の精神的向上を期する。

2.事業
前条の目的を達成するために、次の事業を行う。
①不登校に関する調査研究
②不登校生徒に関する調査研究
③不登校の原因に関する調査研究
④不登校に関する知識の普及
⑤不登校対策に関する知識の普及
⑥不登校克服カウンセリングの実施
⑦不登校克服コーチングの実施
⑧その他、①の目的を達成するために必要な事業

不登校カウンセリングセンターの活動

①団体の枠を超え、より組織的・統一的に活動しています。
②関係団体と協力体制を敷き、常に連携を図りながら不登校を克服するための質的向上と、合理化に関する調査・研究にあたっています。
③不登校克服に関する具体的事項について、調査・研究を行い、その経過報告・連絡・調整を行っております。

各支部責任者名

  東京支部 : 立野寛人支部長
  愛知支部 : 阿部彩人支部長
  福岡支部 : 氷室絢子支部長